川口市の歯科なら にこっと矯正歯科
HOME>矯正歯科とは

矯正歯科と歯周病の関係

歯周病の原因

歯と歯ぐきの間から入った病原菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(歯を支える骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏)という病気です。
原因としては、以下のものが挙げられます。

食べカス
食べカス

歯周病(歯槽膿漏)のもっとも大きな原因は「食べカス(食物残渣)」です。
栄養価の低い固いお肉と、柔らかくて栄養豊富なお肉を食べた場合、柔らかいお肉を食べた方が歯周病にかかりやすいという報告があります。これは、噛むという行為が、歯にとっていかに大事かということを示しています。
噛むという行為は、歯のまわりの組織を丈夫にするだけではなく、固いものをしっかり噛むと唾液の分泌量も増え、歯のまわりの汚れも一緒に取り去るという「自浄作用」の効果が期待できます。
逆に、柔らかいものだと、あまり噛まないで飲みこんでしまいやすく、歯と歯の間に食べカスがたまりやすいのです。そして、その食べカスには栄養分がたっぷり含まれていますから、細菌にとっては恰好の栄養源になるというわけです。

 
歯垢や歯石
歯垢や歯石

歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が、歯肉と歯の根の間の歯周ポケットの中に侵入していって、その中で繁殖をくりかえし歯周病を進行させていきます。
これらは、キレイに取り除く必要があります。

 
細菌
細菌

細菌が歯肉や歯槽骨に炎症を起こし、その炎症をさらに進行させながら細菌自体が増殖します。
さらに、その細菌が組織を侵す攻撃力が強まって歯周病が進行します。

 
全身性疾患
全身性疾患

血液疾患、高血圧、糖尿病などの全身性疾患が歯周病の原因になることがあります。またそのほかにも、ストレスなどの精神的なものや、ホルモンのバランスなどもこれに加わります。さらに、服用している薬、たとえばデンカンの薬とか、あるいはアレルギーやビタミン欠乏などもこの因子とみられます。
全身性の疾患にかかりますと、抵抗力がまず弱まり炎症や外傷などを起こしやすくなります。

 
金冠やクラウンなどのかぶせ物
金冠やクラウンなどのかぶせ物

歯に人工物である金冠や陶材のクラウンなどが被さっている場合や、入れ歯がありますと食べカスがたまりやすい状態になります。
さらに、歯肉の形態が凸凹していたり、歯と歯肉の境目がくぼんでいたりしても、食べカスはたまりやすくなります。

 
噛み合わせ
噛み合わせ

歯並びや歯の噛み合わせが悪いと自浄作用が不十分で食べカスが溜まりやすく、ブラッシングも十分に行えないなど、不正咬合は歯周病と強い関連性があります。
一方、歯周病になりますと、歯の周りの組織を破壊するため歯を支える骨や歯肉が少なく弱くなって歯の凸凹が酷くなったり、前歯が前方に突出して歯と歯の間のすき間発生や、歯の動揺が大きくなったりと、不正咬合の程度を一層悪化させることになります。酷い場合は、歯を抜かなくてはならない状況も出てきます。
そのため、歯周病の治療には、崩壊した咬合の再構築として矯正治療による正しい咬合の獲得が必須となります。つまり、矯正治療は、歯周病の「予防」「治療と再発防止」のいずれかの場面において出動が必要となるのです。
また、歯周病に罹患している場合の矯正治療では、歯の移動やコントロールが上手くいかず想定したゴールに到達できないこともありますので、炎症状態が納まりプラークコントロールの効果が確認できないうちに治療をするのは避けなければなりません。

 

矯正治療を行った場合「ブラックトライアングル」と言う症状ができる場合がありますが、当院ではしっかり対応していきますのでご安心ください。
また、現時点で気になされている方はご相談ください。

 
お問い合わせ

tel

お問い合わせ

資料のお問い合わせやご質問はお気軽にご連絡ください。