川口市の歯科なら にこっと矯正歯科
HOME>抜歯について

抜歯について

矯正治療と抜歯の関係

矯正治療のために歯を抜くことがありますが、誰もが好き好んで歯を抜く人はいません。
治療を受ける患者さんはもちろんのこと、治療を行う術者も同じです。


ではなぜ歯を抜く必要があるのでしょうか?
それは矯正治療を行う目的を達成するためです。
仮に歯を並べることだけが矯正治療の目的であれば殆どの患者さんは歯を抜かずに並べることは可能であると思われます。
しかし歯は並んだけれども前歯が全体的に突出し口元が治療前よりも出てしまい、口が閉じにくくなってしまっては治療を行う価値がありません。
もちろん歯を抜かないで治療を行った方がよりよい治療結果が得られる症状の患者さんもいらっしゃいます。


矯正治療と抜歯の関係

すなわち歯を抜いて矯正治療を行うべき症状のひとと、歯を抜かないで矯正治療を行った方がよい症状のひとがいるということです。そこを見極めることが矯正歯科専門医の役目ではないでしょうか。


矯正治療の目的は歯を並べることだけではありません。
歯並びを整えて物がしっかりと咬めるようにすること、きれいな口元にすること、並んだ歯が長持ちするようにすることです。


その目的を達成するために抜歯が必要になる症状のひともいれば、抜歯をしないでその目的を達成することが出来る症状のひともいるということなのです。
矯正治療を受ける場合に矯正治療の目的、治療のゴールがどこであるのかを確認した上で治療を受けていただくことが必要であると思われます。
歯を抜かずに治ると言われて喜んで治療を受け、歯は並んだもののこれほど歯が出てしまうとは思わなかった、などということになってしまってはいけません。

 
 
お問い合わせ

tel

お問い合わせ

資料のお問い合わせやご質問はお気軽にご連絡ください。