川口市の歯科なら にこっと矯正歯科
HOME>抜歯について

歯並びと抜歯

抜く歯とは
抜く歯とは

実際には歯の隙間の大きさや、治療期間、安定性などを総合的に評価し、歯を抜くことを決定しています。
どこの歯を抜くかについては、例えば八重歯では、悪い所に生えている糸切り歯(犬歯)を抜かないで、その後ろにある小臼歯を抜いてその場所に配列します。


この小臼歯は抜歯で最も多く選択されている歯ですが、大臼歯(奥にある大きな歯で物を噛む力が最も強い歯)だと噛む機能に障害が出たり、前歯では見た目の問題(不自然な歯並び)が発生したりします。またこの歯が生まれつきない方もいらっしゃいます。


このように治療の効率や噛む機能、横顔のプロポーション、治療後の安定性などを考慮し、健康な歯を抜いてでもそれから得られる利点を総合的に判断して、小臼歯の抜歯が決定されています。
歯の大きさやバランス、噛み合わせのズレの大きさにより、小臼歯以外の○○を選択する事もあります。

 
歯を抜いて治療する理由

矯正治療では、これまで多くの方に対して歯を抜いて治療をしています。
しかし、それにはいくつかの理由があります。整理しますと、下記のようになります。

  • 歯が並ぶ大きさ(顎の大きさ)と歯の大きさ(全体の歯のサイズを合計した長さ)のアンバランスを解消する
  • 咬む機能に対する影響(できるだけ噛み合わせに影響の出ない歯を選択します)
  • 審美的な配慮(横顔から見た、鼻と唇の美しいバランス)
  • 治療の効率(治療期間、治療の簡素化)
  • 治療後の安定性(治療した後の歯並びを安定させる「保定」)
歯を抜かないで並べるとどうなるか?について考えて見ましょう。
歯を抜かないで並べるとどうなるか?について考えて見ましょう。
歯を抜かないで治療すること
矯正治療の基本
  • 歯の本数を減らさない
  • 噛み合わせを良くし、歯周組織を健康にして噛む機能を向上させる
  • 治療後の安定性がある
  • 横顔のプロポーション(プロファイル)のバランスがとれている
治療後の安定性に問題を残すケース

次のような条件の場合では、限界があって治療が困難であったり、治療期間の長期化や、横顔のバランスが悪くなったり、治療後の安定性に問題を残したりするのです。

  • 歯が並ぶ大きさより歯の大きさが大きすぎる〈並ぶ隙間が不足している〉
  • 歯を並べる隙間を大きくするために、歯を前に出し、横や後ろに広げたりする治療が必要(口元を前に出すことになり悪いプロファイルを引き起こす)
  • 無理をして並べても、安定性が悪く、歯の凸凹が発生しやすい(治療の後戻り
 
お問い合わせ

tel

お問い合わせ

資料のお問い合わせやご質問はお気軽にご連絡ください。